ノーチラス会で同年代と繋がった

こんにちは!

まつらです!

今日はパートナーあいけんさんとノーチラス会へ行ってきました。

ノーチラス会って何?という方は過去のこの日記を読んでみてください。

ノーチラス会

 

日本で唯一の双極性障害に特化したNPO法人なのです。

集いという集まる会があってそこにいってきた、ということです。

だいたい20から30名ほどが各々の悩みとか、質問を投げかけてみんなで話し合うというもの。

その日は、カミングアウトができない、薬の副作用、オープンで働くとどういう配慮があるのか・・・などなど、2時間話し合いました。

みんながみんな同じ病気。悩んでいることは似ていたりして、とても勉強になるし共感できます。

そして、会が終わり、片付けしている時に、気になる人に話しかけたりするのです。

僕はホームページ作ってますってことや、ライター募集してますってことをお話したので、おやおや、なんか変わった人がいるぞっと印象に残りやすいのかもしれません。

だから話しかけた時、あ!あの人ね!となっているわけです。

その時は、今回の集いの書記をしていた方に話しかけました。

僕も書記をして、ノーチラス会と連携をとっていけたら良いなと思ったからです。

するとその人は優しく、書記はどーやるんだよってことを教えてくれました。

副理事の方とも繋いでいただいて。ありがたや。

そしてその方とお話していると、同年代で、ノーチラス会古株で、双極性障害1型とのこと!

同年代で1型の人とは会った事がなかったので、シンパシーが笑

その会に出席していて、その古株さんが仲良いという同年代双極の方を後2名追加して、あいけんさんと含め合計5人で帰りました。

帰りにお茶もしちゃいました。

それぞれが病気を持っていて、入院したり、友人を失ったりしながらも、希望を持って頑張っているという事がすごく伝わってきました。

同年代で同じ仲間が欲しかったので、これはとても嬉しい繋がりができたぞ、とノーチラス会にいってよかったと思いました。

いい場ですね。うん。

ラインも交換して、グループも作っちゃいました笑

このグループがこれから増えていったら心強いなって思います。

そして、同年代の双極の人たちで、何かできたら、面白そうですよね。

何事にも同じ境遇の人がいてくれると、ほっとするな、と思ったのでした。

また顔を出してみようと思います。

では。




1日50円で双極性障害の体験談をシェアします
1日50円で双極性障害の体験談をシェアします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA