ポップコーンとロールアイス

こんにちは!

まつらです!

本日は、友人すぐろと原宿を散策し、たこ焼きパーティーをするという珍しく実に充実した1日を送りました。

原宿っていろんな目新しいものがあるんですね〜。

今回は載せたいことがたくさんあるので、二部構成にします。

第一部!ポップコーンとロールアイス編です!

まずお昼過ぎに友人すぐろと原宿駅に待ち合わせ。

友人すぐろは寺の息子で、僕の病気のことを理解してくれていて、僕が躁状態になった時に近くにいたのに、僕から離れず、友人でいてくれるありがたい人です。そしてちょっと変な人です笑

原宿なんて本当に久しぶりに降り立ちました。

なんとなくだけど、降り立ってすぐに若くて元気なオーラを感じた気がしました。

この街は、生きている。

そんな感じです(謎)

さて!まず入ったのはここ!

ギャレットポップコーン!

知る人ぞ知る、アメリカシカゴ発祥のグルメポップコーン。

これが、想像を絶するほど美味しいのです!

店内は

こんな感じでメニューがあって

こんな感じでポップコーンが売ってます。

ギャレットポップコーン一押しの「シカゴミックス」を購入しました!

これは、チーズのポップコーンとキャラメルのポップコーンが混ざっていて、塩辛いのと甘いので、中毒になる味をしています。

止まらなくなる危険な味…

これでいくらだと思いますか??

1000円です!!!

ポップコーンに1000円!!

高い!!!

1000円あったらいいお昼ご飯食べられる!

でも食べてみるとわかるんですが、あ、これはそのくらいの価値がある味だってなります。

これはほんと、食べてみないとわからないですよね。

こんなかんじで、チーズとキャラメルが混ざっているわけです。

中身もかなり量があって、2人でも、とても1日では食べきれない量でした。賞味期限は1日とされてますが笑 まぁ、あまりしけったりしないので数日にかけて食べるのが良いと思います。

テンションが上がったすぐろ君。

この人がすぐろ君です。

すぐろもお気に入りで、歩きながらひたすら食べていました。

そして、食べながら向かった次の場所が、

ロールアイスクリームファクトリー!!

今インスタグラムなどで話題のアイスクリームです。

普通のアイスと違うところは、とても冷えた鉄板の上にアイスの素を乗せて、こねこなして、伸ばして、巻き取ることでアイスを作るのです。

まさに女子ウケというこのお店には、本当に中高女子ばかりがいて、アラサー男子の我々は完全にマイノリティ。

店内は

こんな感じ。お姉さんがアイスをこねこねしています。かろうじて男性客がいるもののカップルです。

我々は単なるアイス好きゆえにアイスを食べに来たアラサー男子。

このような空間にくると息がつまるというのがよくわかりました笑

メンタル、ですね、メンタル。

味はこんな感じ。

周りは自撮りしてインスタにあげたり、キャピキャピとしていましたが、我々は、ラムしゃぶの〆はラーメンに限るという話で盛り上がっていました。完全に博多華丸・大吉さん状態です。

クッキーモンスターというアイスを頼んで作ってもらいました。

まずは

オレオにアイスの素をかけていきます。

このようにかけて。

ヘラで粉砕します。

もう粉々にして、それを

混ぜていきます。

そうするとだんだん固まってきて、ペースト状になるんですね。

そのペーストを

伸ばします。

伸ばして、四角にしていきます。

四角に伸ばしきったら、

削り巻いていきます。

これを繰り返して。

このように巻き上げられたアイスを作っていきます。

そのアイスをカップに入れて、

生クリームや、コーンフレークやトッピングを加えます。

ひたすらにアイスかお姉さんかを見つめるすぐろ。

そして

完成です!!!

断面はこう。巻かれていますね。

そして重要な味ですが。。。

まぁ、美味しいけれど、ハーゲンダッツの方が美味しいです笑

やはりこれは、話題性と、作っている工程のパフォーマンス感、あとは、見た目が華やかなところが評価のポイントでしょうか。

インスタをほぼしていないアラサー男子には、まぁいい思い出になったね、という感じでした笑

さて、第二部は、一蘭を食べてからの、スネークセンター、たこ焼きです!

食べ過ぎです!

ではまたー。




1日50円で双極性障害の体験談をシェアします
1日50円で双極性障害の体験談をシェアします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA