水上バイク試験筆記

こんにちは!

まつらです!

突然ですが、今日は水上バイクの免許の筆記試験の日でした。

正式名称は「特殊小型船舶操縦士」です。

このめちゃくちゃ寒い時にマリーナまで行ってきました。

というのも、父親の趣味が水上バイクなのです。

そんな父親の勧めで免許とって一緒にやろうよ、ということになりました。

父親は僕の試験が終わるまでは乗って待っていました。

父は昔ながらの立ち乗り式の水上バイクの好んで乗っていて、これは運転するのに練習が必要だそうです。

難しいとのこと。だから楽しいらしいです。

水上バイク免許は国家資格なので、筆記もしっかりと有ります、とは言っても65%正解して入れば通る四択のマークシートです。

内容は、心得から、メンテナンス、交通ルール、海上の法律などなど、多岐に渡ります。

問題集があるので最近はひたすらそれをコツコツやるという作業。

学校のテストの試験前みたいでした。あんまり面白くはないので、心を無にしてコツコツと笑

試験は40点満点で、自己採点35点でした!

受かったと思います。いやー勉強してきていてよかった。

何事にも備えは大切ですね。

病気にも備えは大切。

水上試験の問題には参考書があるように、双極性障害にはまつらサイトがある。

みたいな感じにしていきたいですねー。

さて、次は実技試験です。ロープワークもあるらしい。

頑張りまーす。

※写真は教科書。いかつい。ちょっとこういう人たちは苦手だ笑

 




1日50円で双極性障害の体験談をシェアします
1日50円で双極性障害の体験談をシェアします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA